マンションローンの金利タイプについて

マンションや一戸建て住宅を購入する時は現金か住宅ローンを利用するのが一般的です。住宅ローンには金利タイプごとに特徴があるので契約する前に内容を確認して自分に合うタイプを選びましょう。

住宅ローンの金利タイプは、全期間固定タイプ、変動タイプ、固定金利選択タイプの3種類があります。それぞれに特徴とメリットがあるので内容を比較してから決めた方がいいです。

全期間固定タイプ は、住宅ローンを返済する全期間の金利が既に決まっています。変動タイプは、金融情勢が変化すれば、返済途中でも金利が変動します。固定金利選択タイプは、住宅ローンの返済期間の一定期間だけ金利が固定しています。

それぞれのタイプにメリットがあります。全期間固定タイプ は、返済期間中の金利が確定しているので住宅ローンの返済額をシミュレーションすることができます。金利が低い時に住宅ローンの契約をすると返済額を低く抑えるメリットがあります。

変動タイプは、たとえ金利が高い時に住宅ローンの契約をしても金利が下がれば返済額が少なくなります。固定金利選択タイプは、金利が下がった時に一定期間だけ金利を固定すれば、高金利で住宅ローンを契約しても返済額を下げることができます。住宅ローンには特徴があるので、マンションなどの購入時は頭金の額や収入に合わせてメリットの多いタイプを選んだ方がいいでしょう。